ベトナム旅行への検疫要件ハードルが随分下がって来ました、簡易に行ける様に成って来ています

 

〔ベトナム入国前〕

■日本人の入国については、旅券の種類及び入国目的にかかわらず、入国日から15日間の滞在については査証免除となりました
詳細はこちらをご参照ください(ビザが必要な場合の電子申請やAPECカード等についても記載)。

1)ベトナム入国に先立ち、以下のいずれかの方法で実施した検査とその検査結果の陰性証明書を取得・持参(2歳未満の子供を除く)

RT-PCR法/RT―LAMPを使用する場合▶️日本出国前72時間以内に検査実施
◆迅速抗原検査を使用する場合⏩日本出国前24時間以内に検査実施

日本での受診医療機関はどこでもいいのん?→指定在ります!

受診医療機関及び証明書の発行機関:受診及び証明書は、在ベトナム日本国大使館からベトナム政府当局に通報した日本の医療機関で受診・取得する必要があります。

通報済みの医療機関は下記リンクから検索できます。なお、通報済みの医療機関は、経済産業省のホームページ「TeCOT(Testing Centre for Overseas Travelers)」に掲載の医療機関と同一です。

【リンク】
医療機関検索(日本語)はこちら。

 

2)ワクチン接種済みの方は、「接種証明書」を取得してください。「接種証明書」の申請方法等につきましては、厚生労働省ホームページをご確認ください。なお、2021年12月1日以降に市町村で発行された新たな接種証明書(3回目接種まで記載されたもの)についても、既存の接種証明書と同様に、有効な証明書として認められます。ただし、ベトナム入国に当たって、接種証明書は要件とはなっていません〓日本帰国時に必要なります

オンライン医療申告(Medical Declaration)が義務付けられていましたが、2022年4月27日以降その運用一時停止されています、

その代わりに

3)健康申告書の提出が必要

入国者全ては、ベトナムでの行動管理を目的としたPC-Covidアプリケーションのインストールを出発前までに必要

PC-Covidアプリケーションのインストールは、こちらから

 

4)新型コロナ感染症の治療費をカバーできる10,000USD以上の補償額がある医療保険/海外旅行保険の加入 (保険証券は英文仕様のもの)

ベトナム政府観光局から→ここ: 飛ばない場合は下記URLから

https://vietnam.travel/things-to-do/information-travellers-novel-coronavirus-vietnam
[ベトナム滞在中]

●入国後の隔離期間はなくなりました。

●新型コロナウイルスの症状が出た場合、保健当局に直ちに報告

●入国日から10日以内は自己健康観察を行ってください。自己健康観察の具体的な運用は、滞在先を通じ、保健当局等に問合せください。

 

 

在ベトナム日本国大使館/2022年4月28日付「改訂」情報から

 

併せて、『ベトナム航空』が情報提供している【入国要件情報】から

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。