タイトルは、些か誤解招きますね

『変態』とは

動・植物、果ては生物じゃないウイルス(毒)も、生物のバクテリア(細菌)が元の状態から形や状態を変えて自身がサバイバルする意味で遣いました

旅館はとてもお金が掛かります、その事業は何度も言ってますがお客さんが、お泊まり頂かなくては成り立ちませんが

今回の件で、泊まってはならぬとなると

その旅館が最大の危機に面していることは、猿でも判りますが

 

自宅感染率が高いと言っている政府

旅館や飲食店は適切な保健衛生に日々と言うか、その都度努めているそれ

お客さんがいる合間でも甲斐甲斐しくアルコール消毒液で

手すりやドアノブ、テーブル等お客さんが触った各部位を吹いている姿に

感動すると訪れた方が言っている

その、ある旅館

三位一体でなんとか生き残りを掛けている、その三位一体はキリスト教の考えの基本

父と子と精霊の三位一体じゃない

旅館行政利用者の協力の一体です

苦境に立たされる老舗温泉旅館 生き残るために「やめたこと」と「始めたこと」

 

サテライトオフィスとは良いアイディアですね

しかし僕なら

朝夕、温泉に♨️ で寛ぎし過ぎて仕事になりません(笑

 

 

出処: 👉 週間ポスト電子版より

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。