日本企業の看板がいっこもないじゃない?!(見間違いで間違っていたら御免なさい)、FIFAのスポンサー規約には1業種1社の不文律があるので、日本の有名企業、自動車メーカーならTOYOTA、電機メーカーならSONYとかTDK、スポーツ用品ならASICS、ビールメーカーならKIRIN、が在っても良さそうなもんですが、なんで?

無駄な出費はしないと?!商売は先を見越した無駄金も使う事が大事なんですがねぇ??

個人的にはとても、気になったのが中国企業の

『万达集团股份有限公司』(正確には頭に大连〓大連が付く)、英語表示ではWANDA GROUP(正確には頭にDalianが付く)

なんで?気になったとなりますが、同社グループ内には旅行代理店を内在しています、過去には旧知の方が、或る大手中国系旅行社から大勢同社に移った後、営業に見えられましたので、その看板を観ると、とても感慨深いです

業界では万達(マンタツ)さんとかワンダーさんと皆さんおっしゃってられます、本業は遼寧省・大連で一代で不動産業から富を築いたと営業時にお伺いして、その後その不動産下での大型ショッピングモール事業、高級ホテル事業、アミューズメント事業、スポーツ事業でスペインの有名サッカーチームへの資本参加もしておられます、そして旅行事業、大阪にも大阪支店が存在しています

 

 

合わせて

中国・青島に総工費8170億円で「中国版ハリウッド」を建設へ

中国の不動産開発大手、大連万達集団(ワンダ・グループ)の王健林会長(58)は山東省青島市に総工費500億元(約8170億円)をかけて、映画スタジオやホテル、ショッピングモールなどを含む「中国版ハリウッド」を建設すると発表した。映画を中心とする複合施設としては世界最大となる。4年後の2017年6月に完成予定だ。

王会長は2013年9月22日に青島市内でレオナルド・ディカプリオやジョン・トラボルタ、ニコール・キッドマン、キャサリン・ゼタジョーンズら著名な俳優や女優ら招き、起工式を行なった。

その後の記者会見で、王会長は中国版ハリウッドの全容を明らかにした。それによると、映画村の名称は「青島東方影都(オリエンタル・ムービー・メトロポリス)」で、376万平方メートルという東京ドーム80個分の広大な敷地に、映画スタジオ20個や音響施設、アニメ制作所などを設置し、映画制作の一大拠点を目指す。

また、映画関連施設ばかりでなく、8軒のホテルや蝋人形館、ショッピングモール、室内のアミューズメントパーク、エキシビジョンセンターのほか、300隻のヨットが入れるヨットハーバーも併設するなど、一大リゾートセンターとなる。

大連万達集団は昨年(2012年)5月、米大手映画館チェーンのAMCエンターテインメントを26億ドル(約2000億円)で買収し、世界最大の映画館チェーンとなっている。同集団中国内に6000の映画スクリーンのほか、62軒のデパート、68軒のカラオケセンター、40軒の5つ星ホテル、72のショッピングモールなどの商業施設を有している。

王会長の個人資産は140億ドル(1兆4000億円)と、米経済誌「フォーブス」の長者番付で中国一の富豪とされている。

同グループの総資産は現在、3000億元(約5兆円)、昨年の総売上は1417億元(約2兆3150億円)となっている。

上記出処:2013年9月29日付週刊ポストデジタル版記事から

(一部、西暦を加筆)

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。