遙か40年前には、日本人にとって海外旅行は渡航の自由化(1964年4月1日から)以降でも、とてもハードルが高いものでした、

なんで⁉️となりますが、今では想像出来ませんが、殆どの国で査証(ビザ)取得でないと旅行が出来ませんでした、コロナ禍前の2019年までは、ビザなしで旅行出来なかった国に、アメリカ(ハワイなど)・インドネシア(バリ島など)・フィリピン・韓国・中国・台湾・香港等

近代の今でも、簡単に国内旅行でも行けない国が在りますが、江戸時代の日本でも国内旅行はそうでしたね

コロナ禍で外国人が日本へ訪問する際にも査証(ビザ)取得が必要となった国が多いです

査証(ビザ)は、訪問国の在外公館(大使館や領事館)が、渡航する国に訪問する前に、その人が訪問にたり得る人物か⁉️その訪問目的・訪問日数が妥当か⁉️を審査して承認した後にパスポートに押印するスタンプや最近は貼付するシール形状の公式な書類ですが、

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。