三顧の礼を尽して、佐世保市長ご本人が『直接事前に聴いてません』と・・報道陣の取材の目の前で云ってられるので市長は嘘を付いてないと思いますが、本当?俄かに信じたくないが!本当にそうなんでしょに

地域雇用の維持・地域再生、そんな崇高な理念など無かった‼︎と云う事ですね 「申し訳なかったです力及ばずで手放す事となり」そんな事前挨拶が有ってが筋でしょうに同じ日本人なのが恥ずかしいです

先行の昨年の不祥事、一向にその後どうなったのか?!国民血税を詐欺した傘下会社へのガバナンスも効かないし、九州の経済人を足蹴にしたHIS社のサワダ氏は日本人として恥ずかくないのでしょうか

 

20億の出資で数百億でそれも外国資本?に転売とは、三顧の礼でHIS社にお願いして、ひとえに従業員やハウステンボスに絡む業者数千人の地域雇用維持と地域再生をお願いした佐世保市長・朝長氏は『報道で知った』と、HIS社からなんの事前挨拶もなかったとは、酷い話

ハウステンボス売却見通し、佐世保市長「報道で知った」

 

佐世保市・朝長則男市長は2022年7月21日この日午後、報道陣の取材に応じ、「朝、報道で知った」と答えた。

ハウステンボス再生当時、何かしら資金協力していた、JR九州・JR西・九州電力・西部瓦斯・福岡銀行・西日本銀行、福岡シティ銀行、西鉄、九電工の『互友会』からの50億円近い債務を放棄させて、そのうえ10億円を出資させたHIS社サワダ氏、当時の報道で覚えているのですが

ハウステンボス株主の『互友会』企業は債務放棄と追加出資したのは、九州の経済が復活ならとの思いでしょうから、さぞかし臍を噛むだろう、掘り投げたHIS社それも外資?へ転売で事前のなんの挨拶も無しなら?!残念で仕方ない

HIS、ハウステンボスを売却へ旅行需要低迷で

エイチ・アイ・エス(HIS)が傘下のテーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)を売却する方向で調整していることが分かった。香港の投資会社などを視野に調整している。売却額は数百億円規模とみられる。新型コロナウイルスの影響で旅行需要の減少が長期化する中で業績が悪化しており、売却で資金を確保する狙い。

HISはハウステンボス株の66・7%を保有している。残る株式は西部ガスホールディングスJR九州

  [有料会員限定]記事より

HIS社が創業間もない頃に、小生がシンガポール航空さま日本のリーディングB2B旅行代理店勤務時代にHIS社サワダ氏に呼びつけられてお伺いした当時の『学生なんて・・・』と耳を疑う話をされていたので、この方、大丈夫かなとびっくりしたのが頷けます

同業者として残念の極みです

 

合わせて2014年のビジネス誌・ビジネスジャーナル誌より

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。