勿論、お客さんが多くて、営業スペースが広くて従業員が多い店舗では、足らない協力金ですが

自宅で家族で営業している所などは、もう何度でも嬉しい地方自治体の施策

些か不謹慎で言葉足らずの誹りを受けても仕方ないかもですが、これは一種の麻薬中毒状態かと、後年、高い税金と云うつけを払わなくていけない事になるのですが、一時の快楽となります、小規模店舗にはその協力金は

真っ当に働いて、その報酬で商売する事がどんだけ精神衛生的に良いのか決まっているのですが、市井の商売人としては、業種は違いますが、とても複雑な想いです

何だかへんてこりんな世の中になってしまったもんだ

 

 

兵庫県内では措置が適用される20221月27日~2月20日、十分な感染対策を講じていると認証した飲食店に、

①終日酒類提供せず、午後8時まで営業

②酒類を同8時半まで提供し、同9時まで営業-の選択制を採用。

売り上げに応じ①は3万~10万円

②は2万5千~7万5千円

の協力金を支給する1日当りです

25日間 X   25000円(最低でも)〓625000円

ひと月に625000円の利益を上げられない店には、嬉しい悲鳴かと

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。