人と人との触れ合い、旅先での何気ない会話や笑顔に何度も癒されたことか

でも、その旅が今は許されませんねぇ〜 どうにかなっちゃいそうなのは高齢者だけじゃなくて

意外にも精神を蝕まれていのは、此れからの時代を担う若い人たちの方かもしれませんね❕

昨年、ドナルド・トランプは【Decoupling】を、演説でよく遣っていたが

まさに、都市封鎖・越境禁止・リモート業務と、人と人の分断ですこの2年

 

新型コロナウイルスは個人、社会、医学、政治、そして経済のあらゆる面に、同時に危機もたらした。そして、その危機は増幅し続けている。こうした中で、リスク要因のひとつとして挙げられるのが、多くの人が感じている孤独だ。・・・

この年齢の人たちは、高等教育機関への進学やキャリアに関する選択、人間関係の構築、または自分自身の家庭を持つことなど、人生におけるいくつもの選択に直面している。もともと強いストレス要因であるこれらの選択に加え、パンデミックによって先行きの不確実性が高まったことにより、彼らにはまた新たな圧力がかかっていると考えられる

人生の重要な段階にあるこうした若者たちは、自分の人生における選択肢が狭められたように感じたり、終わりの見えない一時停止の状態に置かれているように感じたりしている可能性がある

 

と 2021/05/04のForbes誌より抜粋

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。