旅するには、その場所、そこに暮らしている人や日本的ならその場所の森羅万象への気遣いや配慮が必要です、それが敬意と言っても過言じゃありません

それと訪れる前に、その旅先の最低限の勉強が必要ですね、旅する場所の文化・風俗・習慣・何を拠り所として暮らしているのか、それがより一層旅を思い出深いものにしますから

オーバーツーリズムで、コロナ禍前に京都で舞妓さんの写真を撮りたくて追いかけ回した、馬鹿外人がいましたが

もはや猿以下です、猿には失礼ですね、猿はしっかり節度を持って生きていますから

もう常識と云う言葉が、雲散霧消したかの様な出来事が、至る所で起こっています、或る国では、殺されても仕方ない行為に当たります

ロシア政府にインドネシア政府から抗議が来たな、ロシアはこう云えば良い

『我が国では、そんな低水準教育を施してはいない、よってそいつらはロシア国民ではない、ロシアのパスポートを所持しているなら、それは偽造だ』と

霊木でヌード写真撮影 ロシア人夫婦を強制送還へ バリ島

穏やかで、いつもニコニコしているインドネシア国民を馬鹿にしていますね、インドネシア政府は二度と入国を認めては行けません!

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。