東スポ報道だもん^^;

観光は、輝いている森羅万象を観る行為、スペイン戦でのスペインの小芝居を観ましょう

兎に角、世界と伍して生き延びるには種々の策略が必要、商売も同じ、マネーが動くから

 

 

〝無敵艦隊〟スペインが2位狙いで「日本に勝利を譲る」、ブラジル戦を「回避」と地元報道

カタールW杯1次リーグE組で首位に立つスペインが最終戦(12月1日=日本時間2日)で対戦する森保ジャパンに負ける戦略を採用する可能性が出てきた。

スペインメディア「BESOCCER」によると、好調のスペインについて「グループ内で最初に勝ち点4に到達し、最終戦で16強進出を目指している」した上で「スペインは計算をする。1位か2位か。ブラジルを避けて敗戦することさえある」と指摘。優勝候補との早期対戦を回避するため、日本に勝利を譲るプランがあるという。

スペインがE組1位で決勝トーナメントに進出した場合、G組を1位で突破することが確実なブラジルと準々決勝で対戦することになる。ところが、E組2位になれば〝セレソン〟とは決勝まで対戦しない。そこでW杯を制するため、あえて日本に「負ける」ことも検討しているわけだ。

同メディアは「可能性のある対戦をトーナメントが始まる前から推測していた人たちはたくさんいる」とし「スペインが首位で通過すると、ブラジルは準々決勝のライバルになる。2番手ならブラジルに次ぐスイス、セルビア、カメルーンと(準々決勝で)激突することになる」と伝えた。

全4チームに16強入りの可能性があるE組最終戦の日本―スペイン戦とコスタリカ―ドイツ戦は同日同時刻に開催。勝ち点はもちろん、得失点差もかかわるため計算は複雑になるが、同メディアは「電卓を取り出す時が来た」と報道。スペインが2010年南アフリカ大会以来2度目のW杯制覇に向けて、負ける決断をすることも十分にありそうだ。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。