コロナ禍で、海外旅行それへの観光旅行は全滅です

海外旅行を専従としている旅行代理店で小規模経営のそれは廃業を余儀なくされている今

あの東京証券取引所1部上場の 『日本最大手格安航空券量販店の旅行代理店』の 海外旅行を専従としている同社の

直近半年間の株価チャートが、右肩上がりです、それってひょっとしたら明るい旅行業界の未来を暗示しているのか⁉️

ちんぷんかんぷんの株価チャート

同社は、近年ではアミューズメントパークを傘下に収めたたり、国内の修学旅行や国内観光旅行にも進出しているが

海外旅行へのお客さんを専従とする割合がやはり突出している旅行代理店の筈だが

マーケット(〓投資家)は、未来を予測して株に投資するもんだと認識していますが

投資家は、明るい未来がもう直ぐに来ると予想したんだわ❓

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。