【兼高かおる世界の旅】です

海外リポーター『兼高かおる』さんと僕には初代黄門・東野英治郎の『水戸黄門』でのナレーターが印象深いフリーアナウンサー『芥川隆行』さんと掛け合いがなんとも楽しい海外旅行紹介番組でした

1959年12月13日から1990年9月30日にかけて30年10か月の間も続いた長寿番組

このテーマ音楽とスポンサーでも有る

アメリカの海外旅行の象徴【パンアメリカン航空】

の、その飛んでいる姿に、涙がちょちょ切れますとおっしゃられる業界の諸先輩、現在は70歳〜90歳近く、当時は大学を出て仕事にも慣れた頃、その大学は関西では、京都外大とか天理大とか関学とか関西外大とかの大学出身の方が多かった旅行産業界

その方達は一様にこのTV番組で、海外への憧れを持ち旅行産業界(旅行社、海外からお客さんを特に多く扱うホテル、航空会社)へ就職された方も多かったと聞いています

その頃は今のギスギス感など微塵も無く、明るい希望に満ちた、どこかしら、のんびりとした、おおらかなで、朗らかな時代で海外旅行を心底楽しめた時代でしたと諸先輩は、今も感慨深くおっしゃています

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。