なかなか、お部屋でお食事が出来て、お客さまが満足して頂ける旅館を探すのは厳しい❗️

まぁ5室ほどの民宿や料理旅館は,家族経営が多いので

宿泊される方は、至れり尽くせりの人的サービスを受けれますが

これが大規模な各種の施設(露天風呂・大浴場、各種補助施設、お庭、カラオケスナック、土産もんコーナーなど)を備える総合的なサービスをそれも

上質のそれを提供して貰える、大規模な宿泊施設には、とても大人数の人手が必要で、それも小慣れた人が必要です

1室ごとに料理(飲み物等)を供する、それも温かなお食事を適時に提供でる旅館はそうございません

大規模な旅館ではお食事はビュフェスタイルとなります

コロナ禍での、これからの国内宿泊施設を選ぶ際に、より重視する点が以下の3点(JTB社のシンクタンクの調査では)が重視されと

特に#2、#3 が旅館(ホテル)側には、至難の業となりますね

1 「消毒やマスク着用などの衛生管理が徹底されていること」

2「個室で食事ができること

3「露天風呂付客室や貸切風呂が利用できる施設であること

 

お金を出して頂ければ、その様な旅館はまだまだ日本にたくさんございますが

とどのつまり、安く泊まれて、個室で食事ができて、貸切露天風呂風呂で

サービスの良い旅館なんて存在しません(爆笑

 

 

 

出処:👉 業界人がよく読んでいる情報誌のJTBのシンクタンク調査の報道から

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。