有難い事に特に日本に来たい、行って観たいタイでの日本向け団体旅行用航空座席の営業販売は顕著で、殆ど販売し尽くしていると、タイ航空B2Bベンダー営業さんから伺った

つまり、日本からバンコクへ向かう航空運賃は高騰する

毎度の両論併記です、物事に全て裏表が在ります、日本に来たくて仕方ない外人さんでの日本でのインバウンド景気が目の前です、円安のメリット享受です、

逆に日本から海外への旅行には、大きな出費となります、既に高騰している航空運賃やホテル代、飲み食い代、コロナ禍前とはびっくりするくらい割高になっています

 

岸田首相、訪日ビザ免除と入国者数上限の撤廃を正式表明、インバウンド個人旅行を本格解禁、2022年10月11日から

岸田総理大臣は新型コロナウィルスの水際対策に関し、1日当たりの入国者数の上限撤廃と個人旅行の解禁、ビザなし渡航の解禁を実施すると表明した。期日は2022年10月11日から。訪問先のニューヨークで、2022年9月22日夜(日本時間)の記者会見で言明した。

あわせて、水際制限を緩和する10月11日から、全国旅行支援とイベント割を実施することも表明。「コロナ禍で苦しんできた宿泊業、旅行業、エンタメ業などを支援したい」と話した。

日本政府は新規入国者について、2022年6月から観光目的の入国を添乗員付きツアーを条件に許可し、1日の入国者数上限も2万人に、9月からは添乗員なし、入国者上限を5万人に拡大するなど徐々に開国を進めていた。

しかし、訪日旅行の実施には受入れ責任者による手続きと在外公館でのビザ発給が必要で、増加効果は限定的だった。今回、入国者数の上限撤廃とともに、訪日旅行でも主流の旅行形態である個人旅行とビザなしでの渡航が解禁されたことで、本格的なインバウンドの再開が見込まれる。

さらに、全国旅行支援の開始で、日本国内の本格回復も期待される。

国内旅行はすで県民割などを受け、個人旅行を中心に一部ではコロナ前の水準まで戻ったという事業者もあるが、シニア層向けのパッケージツアーなど、回復が遅れているマーケットがある。政府による国内・訪日の全面的な“旅行解禁”が、旅行市場の回復の契機になることが期待される。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。