しかし、入国後の当局監視での期間が、なんといまだに21日間も実施されている

中国国外から上海において中国に入国する渡航者に対して,核酸検査及び14日間の隔離措置及び7日間の在宅健康観察が行われることとされています

中国の当局は2021年6月20日、新型コロナウイルスのワクチンの国内接種が累計10億回を超えたと発表した。これまで世界で実施されたワクチン接種の3分の1以上に相当する。

中国のワクチン接種は当初、スローペースだった。当局が新型ウイルスの感染抑制に成功したためだった。

 

入国要件が一向に緩和されない、それには理由が

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。