英、入国規制を簡素化ワクチン接種者はPCR検査免除

 

[ロンドン 2021年9月17日 ロイター] – 英国は17日、海外からの渡航者に対する入国規制を簡素化した。観光業の活性化が狙い。

10月4日以降、新型コロナウイルスワクチンを接種済みで低リスク国から入国する場合には、到着時に義務付けられていた高額なPCR検査が免除され、「ラテラルフロー」と呼ばれる安価な迅速検査で済むようになる。

国別のリスク分類は、これまで赤・黄褐色・緑の3分類としていたが、新基準では低リスクと高リスクとの2分類となる。22日からはトルコ、パキスタン、モルディブなど8カ国が、高リスクの「レッド」地域から除外される。

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。