シンガポール・ケロシン価格が1バレル邦貨4000円(日本発着便の場合)が基準値で、その価格より下回った場合は、徴収されません

 

両論併記です,何度も申します、ANA、JALは燃油サーチャージを徴収するかしないかの,航空燃料価格基準は,6000円です

その6000円が元々は60米ドルだったのを変更したのも欺瞞なら,何故,徴収基準が6000円なのかも,知りたいです

 

国営・ガルーダインドネシア航空の

燃油サーチャージ(日本発着インドネシア行)

 

公表されているシンガポール市場のKerosene Jet Fuel価格(1バレル当たり)の各日のスポット価格の2ヶ月平均によって適用額を確定し、2ヶ月間固定いたします(2015年4月1日発券分より)。

改定を行う場合には、関係国政府に認可申請いたします。

なお、2015年4月1日発券分より2ヶ月間の平均燃油価格が1バレル当たり

4,000円(日本発便)または40米ドル(日本発便以外)を下回った場合は、「燃油サーチャージ」を廃止する申請をいたします。

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。