しかし、スマホ無しでは入国できませんね、ベテランには、マイセジャテラ(.MySejahtera)(追跡機能やワクチンの接種状況がわかる)アプリのインストールが必要

 

日本国国旗

在 マレーシア日本国大使館|Embassy of Japan in Malaysia

2022/8/3

2022年8月3日現在、日本からマレーシアへの入国手続きの概要は以下のとおりです。なお、本措置については、マレーシア政府により急遽内容の変更がありうること、また、特に規制変更直後には実際の運用と乖離がある(政府発表と現場での運用が一致していない)可能性もありえるところ、その点ご留意の上、ご参照ください。

※ビザの申請や入国時の書類チェックなど通常時にも求められる手続きは除き、現下の新型コロナ対策のために行われている追加的な手続きのみを以下記載しています。

日本出発前の手続き

(参考:MySafeTravel)
https://mysafetravel.gov.my/2022年8月1日以降は、ワクチンステータスに関係なく、以下の手続きは不要となりました。・「Pre Departure Form」の記入(トラベラーズカードの発行)
・出国前検査(※)
・入国後検査
・入国後隔離(2022年8月2日付保健省発表)

https://twitter.com/my_sejahtera/status/1554307481740144640/photo/2ただし、当館が保健省へ確認したところでは、出国前のMySejahteraアプリダウンロード及び必要事項の記入(名前、パスポート番号等)は引き続き必要と説明されていますので、以下、ご対応をお願いします。また、当地でワクチン接種証明書を使用する場面は現在あまり想定されませんが、モールによっては入場時にワクチン接種歴等を確認されることもあるため、念のため「紙で持参」又は「アプリへ移管(以下参照)」することを推奨します。※ 出張や観光のためマレーシアに短期滞在した後、日本に帰国するために陰性証明書を取得しようとしたところ「陽性」が発覚し、帰国できずマレーシアで強制隔離となる事例の報告がここ最近増加しています。マレーシア入国の要件として「出国前検査」が課されていないため、入国前後のどの時点で陽性となったか明らかではありませんが、仮に入国前から「陽性」であった場合、マレーシア国内で感染を拡大させることに繋がりかねません。出張や観光目的で短期滞在をされる方であって、出国前から体調不良の場合には、渡航を延期するあるいはPCR検査や抗原検査を出国前に自主的に受検するなど、各自で感染を広げない行動を取って頂きますようご配慮をお願いいたします。「MySejahteraアプリ」のダウンロード
出発前7日以内に、マレーシア政府開発の新型コロナ対策アプリである「MySejahteraアプリ」(以下、アプリという。)をダウンロードし、必要情報を記入の上、アプリのアクティベートをお願いします。(MySejahteraアプリ)
https://mysejahtera.malaysia.gov.my/intro_en/

●ワクチン接種証明書のアプリ移管
こちらのサイト(https://mysafetravel.gov.my/application)又はアプリ上の「Traveller」⇒「Overseas Vaccination Doses」から指示に従い登録ください。また、以下のマレーシア政府観光局のサイトもご参考ください。

(マレーシア政府観光局:MySejahtera登録方法)
https://www.tourismmalaysia.or.jp/news/pdf/new_20220315.pdf

(厚生労働省:新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(接種証明書)について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

(デジタル庁:新型コロナワクチン接種証明書アプリ)
https://www.digital.go.jp/policies/vaccinecert/

入国後検査・強制隔離は撤廃

2022年8月1日以降、入国後検査や隔離など強制的な規制は撤廃されています。

ただし、KLIA等の入国地点においてサーマルスキャナー等で発熱が確認された場合等は、保健省から別途検査指示がなされる可能性がある点にご留意ください。

合わせて

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。