一旦、都市封鎖を解除した上海市ですが、再度2ヶ月間、実際上の都市封鎖を維持しますね

 

以下出処:

7日以内に核酸検査の記録がない “シェンコードで “黄色のコードが割り当てられ、市の常設核酸検査サイトの無料は2022年7月31日まで延長されます。上海ポスト 2022-06-11 18:05 上海に掲載されました。

 

市疫病予防制御作業指導グループは本日(6月11日)ニュースを発表しました:上海市の疫病予防制御の成果をさらに強固にし、一般市民の生命と健康の安全を確保するため、「中華人民共和国伝染病予防制御法」、「公衆衛生緊急事態緊急条例」などの法律と、疫病予防制御に関する国・市の関連規定に基づいて、以下の事項をお知らせします。 “必要な核酸検査に参加していない人へのイエローコードの付与に関する事項 “について、以下の通り通達する。

一、市内常設の核酸検査場での無料検査サービスを2022年7月31日まで延長する。

2.現在から2022年7月31日まで、一般の方は週に1回以上、核酸検査を受ける必要があります。 7日以内に核酸検査が行われなかった場合、「With Code」はイエローコードとなり、核酸サンプリング完了後、24時間以内に「With Code」が転送されます。

7日以内に核酸検査の記録がない市民は、適時に地域スクリーニングに参加するか、核酸サンプリング会場に行って核酸検査を受けてください。 検査を受けずに感染を拡大させた人は、法的な責任を問われることになります

4.イエローコードの人は、住んでいる地域への出入り、核酸検査のための核酸サンプリング場への出入り、医療機関への受診を除き、必要以外の外出を控え、他人との接触を最小限にし、人が集まる公共の場への出入りを避けることです。

寝たきりや重病の人、高齢者、障害者、乳幼児などの特別なグループには、各区で便利な核酸検査サービスを提供する必要があります。

With Application Code」の割り当てに異議がある一般の方は、「With Application Office」または「12345」市民サービスホットラインなどのルートを通じて、その異議を反映させることができます。

7.本通知は、公告日から施行し、2022 年 7 月 31 日まで有効とします。 その後、防疫状況の変化に応じてダイナミックに調整する。

市の疫病予防と制御作業指導グループ事務所は、一方では、現在の疫病予防と制御の成果を統合する必要性から、「通知」の導入を導入し、他方では、我々は初期の実践で「テストしてはならない」割り当てられた黄色のコードは確かにそのようなグループの陽性感染者の割合が平均よりも大幅に高い検出が見つかりました。 疫病の予防と制御の時期に、タイムリーで積極的な核酸検査を行うことは、自分だけでなく、他人や社会に対しても責任を持つことになるのです。

以下▼の中国語の出典記事をwww.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

 

市疫情防控工作领导小组办公室今天(6月11日)发布消息:为进一步巩固上海疫情防控成果,确保广大市民生命安全和身体健康,根据《中华人民共和国传染病防治法》《突发公共卫生事件应急条例》等法律法规,按照国家和本市疫情防控有关规定,现就对本市未按规定参加核酸检测人员“随申码”赋黄码等有关事项通告如下:一、全市常态化核酸检测点免费检测服务,延长至2022年7月31日。二、即日起至2022年7月31日,市民应每周至少进行1次核酸检测。市民如7天内无核酸检测记录,其“随申码”将会被赋黄码;完成核酸采样后,其“随申码”将在24小时内转码。三、7天内无核酸检测记录的市民,应及时参与社区便民筛查或至核酸采样点开展核酸检测。对“应检未检”并造成疫情传播扩散的,将依法追究相应法律责任。四、除进出所居住小区、前往核酸采样点进行核酸检测、就医等外,被赋黄码人员非必要不外出,尽量减少与他人接触,避免前往人群聚集公共场所。

五、对长期卧床重病患者、行动不便老人、残障人士、婴幼儿等特殊人群,各区要提供核酸检测便利服务。六、市民如对其“随申码”赋码有异议的,可通过“随申办”或“12345”市民服务热线等渠道反映。

七、本通告自发布之日起施行,有效期至2022年7月31日。后续将根据疫情防控形势变化动态调整。

市疫情防控工作领导小组办公室介绍,《通告》的出台,一方面是出于巩固当前疫情防控成果的需要;另一方面,我们在前期对“应检未检”赋黄码的实践中确实发现此类人群阳性感染者检出比例明显高于平均水平。疫情防控期间,及时主动地进行核酸检测,既是对自己负责,更是对他人负责、对社会负责。

资料:市疫情防控工作领导小组办公室
编辑:吴维嘉

 

 

 

 


The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。