「招聘状」は不要になってますね(実務手続上は再確認要)、兎に角、書類が減ることは良いことです

 

 

新型コロナウイルス感染症(駐日中国大使館発表:中国ビザの申請)

2022/6/17

●駐日中国大使館は、中国ビザの申請に関する内容を更新しました。

主な内容は以下のとおりです。また、6月17日からビザの申請が可能となるとされています。

(1)Mビザ、Fビザ【商用、交流など】申請に必要な資料は「招聘状」

(2)Zビザ【就労】申請に必要な資料は「外国人工作許可通知」または「外国人工作許可証」(「招聘状」は不要

(3)S1・S2ビザ【中国で就労する者の配偶者、子など】申請に必要な資料は中国で就労する者の「外国人工作許可通知」、親族関係を証明するもの(「招聘状」は不要)

(4)Q1・Q2ビザ【中国人の外国人家族など】申請に必要な資料は中国人「身分証」の写し、インビテーションレター、親族関係を証明するもの
(これまでは、「重体や重病の直系親族の看病あるいは直系親族の葬儀に参加する者」のみビザの申請が可能)

(5)Cビザ【乗員など】

●本件は中国政府の措置ですので、詳細については、駐日中国大使館のHPで必ず御確認ください。御質問がある場合には、駐日中国大使館・総領事館に直接お願いいたします。

(中国語)
http://jp.china-embassy.gov.cn/chn/lszcnew/202206/t20220617_10704805.htm
(日本語は現時点でありません)

在中国日本国大使館(領事部)
領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964
緊急時には閉館時間帯でも対応いたします。

※在中国日本大使館のホームページでは、新型コロナウイルス関連情報をまとめて掲載していますので、併せご参照ください。
(在中国日本国大使館新型コロナウイルス感染症ホームページ)
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000384.html

 

 

 

外国人赴华签证办证须知(2022年6月17日更新)

中国驻日本大使馆 中国驻日本大使馆 2022-06-17 10:37 发表于日本

    新冠肺炎疫情以来,中国政府根据疫情防控和人员往来需要,适时调整外国人赴华签证安排。结合国内近期有关赴华签证优化措施的指示,现更新赴华签证申办须知。即日起,申请人可按照领区管辖原则,递交签证申请。

签证种类 适用情形 申请材料
M字签证

F字签证

赴华从事经贸、科技、访问、交流等活动 邀请函PU
Z字签证 赴华工作 《外国人工作许可通知》或《外国人工作许可证》
S1字签证(随居)

S2字签证(探亲)

赴华工作人员(包括已在华工作人员)的配偶、18岁以下未成年子女、父母、配偶的父母 赴华工作人员的《外国人工作许可通知》(已在华工作人员须提供邀请人的有效护照及邀请信和工作居留许可);亲属关系证明
Q1字签证

(团聚)

Q2字签证(探亲)

中国公民及在华具有永居资格的外国人的外籍家庭成员。

家庭成员范围:配偶、父母、配偶的父母、子女、子女的配偶、兄弟姐妹、祖父母、外祖父母、孙子女、外孙子女

邀请人中国身份证或中国永久居留证的复印件、邀请信、亲属关系证明(如出生证、结婚证、户口本、派出所亲属证明信、亲属关系公证书等)。
C字签证 机组人员等 外国运输公司担保函或中国境内有关单位邀请函

注意事项:

1、除上述各项签证要求的必要材料外,申请人还需提交护照原件和资料页复印件、在留卡(适用在日第三国公民)、新冠疫苗全程接种证明、照片1张。

2、申请人需在线填写并打印签证申请表(https://www.visaforchina.org)、预约办证时间,按预约时间递交申请、留存指纹。如有问题请径询中国签证申请服务中心。

3、上述可受理范围之外的紧急人道主义签证,如赴华奔丧、探望病危病重亲属,可提交死亡证明/医院病危病重证明及亲属关系证明等申办相应签证。

4、外交、公务类签证,可直接向使领馆递交申请。

 

合わせて

上海日本商工クラブ/2022年6月17日付ニュースから

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。