半導体不足の真の理由は承知しませんが、コロナ禍で人手が不足してその生産の見通しが立たない、それで生産管理が不透明なのが主な原因?いわゆるSCM(Supply Chain Management)が上手く機能していない?!

プーチンの戦争での、原油高?!複合的な要因が重層的に襲っている

或る機械に搭載する部品で、商いされている商社のH課長さんと毎度、ご意見交換させて頂いております、折りにつけて資料なども頂き、良く分かる解説で、勉強させて頂いおります、H課長様ありがとうございます、

その商社が扱う品物も、半導体不足でのそれを搭載する機械も納期が、いつになるのか?判らない

そんな状態は、どの機械輸出会社でも顕在化していますが、顧客先は、それでも購入依頼してくるそうです、仮に調達できても、運送コストが高くなっているが、それも欲しい欲しいとのことです、うらやましい限りです^_^

一方、旅行旅客の方は、未だ未だ行きたい行きたいとはなりません、これが、アフターコロナでの新常態(ニューノーマル)になるかもしれません

 

UPSピークサーチャージに関するお知らせ

5月1日(日) 出荷分よりUPSピークサーチャージが改定されます。

詳細は当社ホームページにて最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

変更開始日:2022年5月1日(日)以降の出荷分

手数料金額:貨物の1㎏あたりの請求重量に対して下記の金額が適用されます。

(請求重量0.5kgごとに計算されます)

尚、発着国により手数料金額は異なります。

日本発輸出

①JPY60/㎏(非課税)

中国、香港、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、マカオ

②JPY282/㎏(非課税)

オーストラリア、ニュージーランド

③JPY152/㎏(非課税)

ヨーロッパ地域・インド

④ JPY147/㎏(非課税)

アメリカ・カナダ・メキシコ・プエルトリコ・その他(上位①②③以外の国)

日本着輸入

① JPY60/㎏(非課税)

中国、香港、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、マカオ、オーストラリア、ニュージーランド

② JPY22/㎏(非課税)

ヨーロッパ地域

③JPY10/㎏(非課税)

アメリカ・カナダ・メキシコ・プエルトリコ・その他(上位①②以外の国)

 

上記手数料は請求先アカウントへの請求となります。

 

郵便局の国際小包

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。