もう半世紀前、大阪市大淀区に在った『ホテルプラザ』の料飲部門やフロントやロビー、無論の宿泊での客室係の上質の接遇を現認した者としては、その上質サービスには、いたく感動しました!中之島のロイヤルホテルやグランドホテルも同様、

今の多くの宿泊施設で働いている方々がプロパー(〓しっかりとした運営宿泊施設の経営哲学(社員)教育を施された、真のプロ意識を持って、しっかりとした接客哲学を叩き込まれた人たちの事)じゃなくて、付け焼き刃で働いている人たちで運営されていると思うと、ホテルでの上質のサービスを売り物で営業している高級ホテルは、その売りもんのサービスで本当に営業して行けるのか?と思ってしまいますが、

誇り高き真のホテルマンとしてのサービスを受けた者としては、なんだかとても複雑です、

今風のバイト感覚で宿泊施設で働いているなんて、そんなでそのホテルの経営(運営)哲学が宿泊者へ伝わらなと考えますが、

しかしもうサービスまでもが切り売り化でええやん的になってしまったんですかねぇ

馴染みのホテルマンが居て、彼が彼女たちが宿泊時に声掛けしてくれたなら、自宅に帰って来て、心穏やかにゆったりと泊まれる感じなんて味わえない、そんなホッとさせてくれる宿泊施設はもう無くなってしまうんですかねぇ

 

 

 

宿泊施設での「スキマバイト」、人手不足で募集人数は過去最高に、経験者「今後もホテル・旅館で働きたい」は75%

ホテルの新規開業が増加していることから、開業前や開業時からスキマバイトを活用する例も見られようになっているという。

地域別で見ると、関西エリア や北海道エリアでの募集人数の伸びが著しく、いずれも2023年12月は過去最高を記録。前年同月比で関西エリアが約3.8倍、北海道は約2.2倍となった

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。