中国への旅行、コロナ禍前は15日間無査証(ノービザ)渡航が可能(観光旅行も商用旅行も)でしたが

今は中国旅行には査証(ビザ)取得が義務付けられています、観光旅行へのそれは、発給されないと云ってもよいですが、商用旅行となりましても、殆どビザは発給されていません

小社での事例では、ビザ発給を受けられたのは、駐在員とその家族(夫人)のみです

そして、昨年2020年8月下旬にビザ申請が事前電子化されて(それまでは手書き申請書で、申請するまでは、中国当局には個人情報内容が判りませんでした)申請は、その申請項目が100項目近い個人情報が要求され、電子化の為、申請書をインターネットで作成したその時点で個人情報は即、中国政府に筒抜けとなります

更に、個人情報の提出要求が増えました❗️2021年2月8日から中国政府は、申請者(14歳〜70歳)に対して、

1)指紋(両手10本指全て)のスキャニング

2)顔の撮影

を要求し出しました

ビザ申請はイコール、もう完全に個人情報は中国当局に把握されてしまいます🤣

 

合わせて、日本貿易振興機構(通称;ジェトロ)からも

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。