先行話題の後輩顧客さん、早く帰りたいあまりに陽性反応後に、2日間に4回も検査をした!

1日目:朝は陽性ー午後も陽性、2日目は朝は陽性ー午後に、なんとなんと陰性に

検査にばらつきが在る様です

日本国が認めている検査法に下記の【抗原定量検査】と云う検査方法が在りますが、この方法は検査が結果が早くて、検査料もPCR検査より安価で、

何より○性になる確率が高い??様ですので、お薦めしたいです

 

抗原定量検査(Quantitative Antigen Test(CLEIA、ECLIA))

抗原定性検査ではない

  • 注)「Throat (swab/smear)(咽頭ぬぐい)」の検体名や、「Rapid antigen(test/kit)(迅速抗原検査)」の検査方法など、日本では認められていない検体名や検査方法の記載で無効になる証明書が見られるので、取得の際は現地の医療機関に十分に確認をお願いします。

 

 

現地クリニックでの検査フォロー用にお遣い下さい!

【What inspection methods are considered valid?】

The Nucleic Acid Amplification Test (NAAT) and

the Quantitative Antigen Test (CLEIA, ECLIA, etc.) are

accepted as valid methods of testing for the certificate required at the time of entry into Japan.

Nucleic acid amplification tests (NAAT) include PCR, LAMP, TMA, TRC, Smart Amp, NEAR, Next-Generation Sequencing, and other methods that amplify nucleic acids for confirmation.

Please note that the Qualitative Antigen Test (QAT) performed with a simplified kit is not recognized as a valid test method.➡︎この検査は駄目です!

 

6. How do you handle a certificate that only states the date of specimen collection, but not the time of specimen collection?
Even if only the date of specimen collection is written, the certificate can still be accepted as valid in case it can be clearly confirmed that the scheduled departure time of the flight is within 72 hours of the collection.

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。