アルファからデルタからオミクロンからケンタウルスと次々と変異株に置き換わる今回の流行病、まさにネバーエンディングストーリーの如く決して終わりのない物語が続いています、

どこまでお付き合いするのか!後5ヶ月で4年目に入る

 

【速報】ケンタウロス株初確認、和歌山県

2022年8月17日

 

和歌山県は17日、県内で新たに1550人(みなし陽性29人含む)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、オミクロン株の新たな派生型で、主流の「BA・5」よりさらに感染力が強いとされる「BA・2・75」(通称・ケンタウロス株)の感染者を、県内で初めて確認した。

新規感染者の保健所管内別は和歌山市379人、海南95人、岩出306人、橋本186人、湯浅178人、御坊77人、田辺190人、新宮139人。岩出と新宮は過去最多。直近1週間の人口10万人当たり感染者数は4日連続で減少し1196・8人。

「ケンタウロス株」の感染が分かったのは7月29日に陽性を発表した50代女性で海外渡航歴はない。軽症で推移し、すでに回復したという。

入院者は371人で、病床使用率は68・7%。新たなクラスターは2件。田辺管内の病院で13人、岩出管内の障害者支援施設で39人の感染を確認した。

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。