旅行代理店の中の人が紹介する旅行の取扱説明書や旅行業界のマニアックな情報をお届けいたします。

旅のブックマーク

純粋な日本企業として、日本の地域経済への貢献する、そんな大志は無かったと云う事です

 

タイトルは業界の大先輩が云われた言葉ですが、小生もそう思います、見受けして当時は素晴らしい事だと思った、地域の雇用維持とか、地域の経済への影響を考えての買収だと思っていたのですが、色々調べて行くうちに、本当にそうなの?と大きな疑問を持ちましたが、やはり売り抜けてしましました、

さぞかし悔しくて、残念でしょうね、長崎県佐世保市長の朝長さん、三顧の礼でお願いした当事者なんですから

イニシャルコストはゼロだから、投資した10億円だったか?!の自己資金から買収後のランニングコストを引いても、相当の儲けだ、手放した理由は、コロナのせいにするんでしょうねぇ〜きっと、でも転売したのは事実だから否定のしようがない

 

ハウステンボス、売却額は

500億~700億円、2022年8月にも、香港ファンド軸

 

旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が売却を検討している長崎県佐世保市のリゾート施設「ハウステンボス」を巡り、売却額が500億~700億円になる見通しとなったことが27日、分かった。

複数の関係者が明らかにした。複数の海外ファンドが関心を示しており、香港に拠点を置くPAGが有力とみられる。HISは新型コロナウイルス禍の影響で業績が落ち込んでおり、手元資金の確保に向け8月中にも交渉をまとめたい考えだ。

ハウステンボスの株式はHISが3分の2、残りを九州電力と西部ガス、九電工、JR九州、西日本鉄道の地元企業5社が保有する。  各社は同時に株式を売却するとみられる。

 

結構、お客さまに宣伝し、集客して来た自分が恥ずかしい

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。

SNSで購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。