泊まってもらった旅館さんも、さぞかし複雑な心境だったに違いと変な意味で、お察し申し上げます(爆笑

ご自分のお財布からお泊まりならなんら問題なんですけど、ラベンダの花言葉には『疑惑』という意味も、国民に難儀を強いている最中にそれも、税金で泊まっていたとは、なんとも厚顔

 

 

岸田内閣の厚労副大臣を務める公明党の佐藤英道氏は、政治資金で“温泉リゾート”めぐりをしていた

 

昨年7月には「十勝川温泉第一ホテル」(支出額約4万円)と層雲峡温泉の「ホテル大雪」(同約4万6000円)

10月には富良野にある温泉リゾート「ナチュラクスホテル」(同約1万5000円)

11月には「釧路プリンスホテル」(同約2万円)と

感染が再拡大していく時期に“道内ツアー”を行なっていた。

佐藤事務所は「意見交換会の会場だったため」などと説明するが、国民から見れば、政治資金で温泉リゾート宿泊とはうらやましい限りだ。

 

 

 

週刊ポスト2021年12月17日号web版より

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。