2022年10月11日以降日本へ帰国する際の検疫要件にワクチン3回以上接種で、帰国前の渡航国での検査が不要となりました

2022/10/31
2022年10月11日以降は世界保健機関(WHO)の緊急使用リストに掲載されいているワクチンを3回以上接種済みの場合は出発72時間前以内のPCR検査が不要になります。未接種の場合や条件を充たさないワクチンを接種されている場合は従来通り入国前に陰性証明書を取得する必要があります。
【ご参考】厚生労働省サイト:水際対策

 

ワクチン2回接種者は、海外から日本へ帰国する際に渡航先国で帰国前72時間以内の日本国が認めている新型コロナ検査とそれによる陰性証明書の発行で、帰国便航空会社の搭乗手続きが出来ます

巷間云われている様に、ワクチンの複数回接種者でも、新型コロナに罹患する人が多く出ています、またワクチン接種後のその効能が効いている期間も限定的だとワクチン製造メーカー自身が云っています

そして今度は具合が悪いと病院で受診前に、先ずは市販の新型コロナ検査キットで判定する様に云わ出していますが

 

その検査キットでの検査法が、どうも日本国が海外から帰国者に検疫要件で要求して検査方法と違うのでは?!と思っていますが

 

 

下記【有効な検査方法】は日本国の【水際対策】出国前検査証明書要項から

 

有効な検査方法

検査方法は以下のいずれかに限り有効

核酸増幅検査(NAAT: Nucleic Acid Amplification Test)

  • PCR法(Polymerase Chain Reaction)
  • LAMP法(Loop-mediated Isothermal Amplification)
  • TMA法(Transcription Mediated Amplification)
  • TRC法(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)
  • Smart Amp法(Smart Amplification process)
  • NEAR法(Nicking Enzyme Amplification Reaction)
  • 次世代シーケンス法(Next Generation Sequence)

抗原定量検査(Quantitative Antigen Test(CLEIA、ECLIA))

 

▶︎▶︎▶︎※抗原定性検査ではない

 

  • 注)「Throat (swab/smear)(咽頭ぬぐい)」の検体名や、「Rapid antigen(test/kit)(迅速抗原検査)」の検査方法など、日本では認められていない検体名や検査方法の記載で無効になる証明書が見られるので、取得の際は現地の医療機関に十分に確認をお願いします。

 

 

 

 

抗原定性検査キットの配布事業 (大阪府検査キット配布センター)

更新日:2022年9月29日

<目的>

図重症化リスクの低い方が

図新型コロナを疑う症状がある時に

速やかにセルフ検査できるよう抗原定性検査キットを無償配布します

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。