関空からタイ・バンコクにはタイ航空が飛んでいます

既にご披露済みの話題ですが、益々タイ入国要件が緩和されています

同国ではワクチン接種を完了した海外旅行者について、出発前および到着後のPCR検査を2022年5月1日から廃止する。タイ到着後そのまま国内を自由に移動することが可能になる。

しかしベテランには何かとややこしいIT技術、タイ入国アプリのアップロード(タイパス)のハードルが在ります(但しこれも2022年6月1日から廃止されそうです?!)

 

しかし、そうは問屋が卸して貰えない、簡単にはまだまだタイへの旅行には行けません

「なんで?」となりますが

航空便が取れないんです!帰り便が、恒常的に満席です

タイから訪日者が結構来訪しているからです、観光旅行での日本来訪は、未だできませんので技能実習生が多いのが原因で、その人たちが事前に押さえているからです

1便当たりの搭乗者数制限がありますから、満席での販売は出来ませんので、なかなかバンコク〜関空便が取れないです

各国の入国要件緩和は大歓迎ですが、肝心の日本の入国者数の緩和が急がれます

これも、毎度申しております、不都合な真実で

政局マターです、参議院選挙が終わらなけば、その箍は外しません

今、大幅に外人の入国者を増やして、感染が拡大したら、国民からなんと批判を受けることが、それを回避する為にも、まだまだ先です

日本入国者数大幅緩和は、いつになることやら?

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。