海外旅行を扱う海外旅行専従旅行代理店にとって、最も関心が強い話題が、日本帰国時の隔離期間です!強制であれ、自宅の自主であれ、実生活に戻れないのが、問題です

その帰国時の日本での隔離期間が仮に3日間に成れば、企業法人の業務出張者(観光旅行者)にとって金曜日の帰国にすれば、月曜日から社会復帰出来るので、大きな朗報となるのですが!

企業の総務部では労務管理上、1日で在れば実労出張期間➕1日の扱いで出張手当と云う金銭的負担も軽減できるのですが・・・

待たれる強制隔離(自主)期間のせいぜいの3日間

 

検疫所が確保する宿泊施設での待機について

 

 

厚労省HP2022年2月2日付発出情報より

 

しかし有名無実化の自宅での自主隔離7日間は必要です

正直、ちょこっとコンビニ、ちょこっとスーバー、ちょこっと銀行と出歩いている現実をみれば、この措置は、意味が無いのですが

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。