大手旅行社の価格訴求したパックツアー(今は未だ国内旅行が主)ですが、アクティブシニア向けの企画ばかりの感です、兎に角、観光名所を盛りだくさん組んでいて、忙しい、まぁこれだけ見所が入っていて、この旅費ならと売る方はそれで、参加者はお得だわと参加されているんでしょうけど、もっとゆったり、のんびり、寛いで旅を楽しむ、ちょっと弱リつつあるお年寄り向け旅行企画が在って良い気がしていますが(笑

 

 

日本国の人口の推移、人口構造の変化

日本の人口は近年減少局面を迎えており、2070年には総人口が9,000万人を割り込み、高齢化率は39%の水準になると推計されています。
また、団塊の世代の方々が全て75歳となる2025年には、75歳以上の人口が全人口の約18%となり、2040年には65歳以上の人口が全人口の約35%となると推計されています。
諸外国と比較しても、日本における少子高齢化の動きは継続しており、今後も、人口の推移や人口構造の変化を注視していく必要があります。

 

 

平均寿命、健康寿命

医療技術の進歩等のほか、公衆衛生、食生活、住居環境の改善等の生活水準の向上により死亡率が低下し、先進諸国の平均寿命は一貫して伸長傾向にあります。

その中でも、日本の平均寿命や健康寿命(健康状態で生活することが期待される平均期間)は高い水準にあります。


資料(平均寿命、健康寿命)

世帯構成の推移と見直し
 日本の世帯構成については、単身世帯、高齢者単身世帯、ひとり親世帯ともに今後も増加することが予想され、単身世帯は、2040年で約4割に達する見込みです。
人口の推移、人口構造の変化に加えて、人口の問題に関連して、世帯構成についても着目すべき点の一つです。資料(世帯構成の推移と見通し)

お問い合わせ先

制度について政策統括官(総合政策担当)付政策統括室政策第一班TEL:03-5253-1111(内線7673)
上記資料は、厚労省資料から

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。