現地旅行社➡︎現地旅行社の日本の総販売代理店➡︎小売り旅行社➡︎お客様

こんな流通経路を経て一般のお客さまへ旅行と云う商品は手配旅行商品(大手企画旅行商品も〓旅行パンフレットで訴求する不特定多数の人たちへ販売する旅行)として販売提供されますので、当たり前ですが現地旅行社の存在はとても大切な存在です

兎に角、お願いして安心できる現地(海外)旅行社(業界用語ではツアオペ(ツアーオペレーター)やランオペ(ランドオペレーターと云います)の選択は、旅行手配(販売)の一丁目一番地です

インドネシアでは、もう40年前当時は日本の旅行代理店で自社の現地法人を設立しているところは皆無でした、それに日本人向けに日本人の考え方や趣味・嗜好を吟味して、同国リゾート地・バリ島観光を企画・手配する場合は、それらに長けた『ラマツアーズ』さんへ日本の大手も中小旅行社もお願いする事となりました、何度もお世話になりました、ありがとうございました万亀子さん

旅行情報誌のトラベルヴィジョン誌の岡田さんから🔻情報頂来ました、岡田社長さんありがとうございます

🔻(一部無料会員登録で閲覧)

バリ島を拠点に日本人向けツアーオペレーターとして40年以上の歴史を持つラマツアーズ。日本にも複数の支店を置いてきたが、コロナ禍で旅行者は途絶え、規模を縮小せざるを得ない状況に置かれている。コロナ後を見据え、最小限の体制で会社存続を図る同社代表の万亀子イスカンダール氏に話を聞いた』

 

ラマツーアズとは

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。