明日から始まる、皆様のNHKでの大河ドラマが当時の世界的に見ても傑出した作家それも女流作家の紫式部の作品【源氏物語】を描いた「光る君へ」の放映が始まりますが、台湾にはその源氏物語を中国訳に訳した文学者がいます素晴らしいですね

 

 

台湾の日本文学研究者「林水福」氏、源氏物語の中国語訳完成 4年かけて90万字 、「古典は死なない」

 

日本の古典文学の最高峰と言われる「源氏物語」の新たな中国語訳版が今年後半にも出版される。日本文学研究者の林水福氏が4年近くかけて約90万字の翻訳を完成させた。林氏は「古典は死なない」と述べ、自身の翻訳を通じて、より多くの人に源氏物語や日本文学の美しさを知ってもらえればと期待を寄せた。

台湾の大学で日本語を専攻した林氏は卒業後、日本に留学し東北大学で文学博士号を取得した。帰国後、大学で教えていたが、定年を迎えてからは毎日2000字のペースで源氏物語の翻訳を進めていたという。

同書の中国語翻訳を巡り、これまでにも翻訳家の豊子愷氏や作家の林文月氏がしていた。17日、中央社の取材に応じた林水福氏は源氏物語について、最も日本を代表できる作品だとした上で、古典は時の試練に耐えられると指摘。異なる翻訳者によって新たな解釈が付与されるため「古典は死なず」と話した。

林氏は「源氏物語」の他にも、日本の文学者、川端康成、谷崎潤一郎、遠藤周作、大江健三郎らの名作の翻訳を手掛けた。

(邱祖胤/編集:荘麗玲)

 

文化勲章は、昭和12年に制定されました。

勲章のデザインは、橘の五弁の花の中央に三つ巴の曲玉を配し、鈕(章と綬の間にあるもの)にも橘の実と葉が用いられています。

【参考】
常緑樹である橘は、平安京の頃から京都御所紫宸殿の南庭に植えられ、「右近の橘」と称されるなど古来から珍重されており、その悠久性、永遠性は文化の永久性に通じることから、文化勲章のデザインに採用されたと言われています。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。