国民の血税を不正受給した旅行会社の親会社の社長、そのガバナンスの無さ、旅行業の業界団体会長の会社、そして今回の知床観光船の社長、同じ旅行産業に従事する、そして代表者して、「旅行産業界はこんなレベルなのか?」『ハイそうです』と言ってしまいます、なんか一生懸命商いをしている身としてはとても切なくて悔しいです

なんだか、旅行産業を小馬鹿にした様な同じメンタルではないかと考えてします

旅行産業界に身を置くものとして、とても複雑です、旅行産業のモラルの低さに、びっくりです!なんでーそうなるかぁー‼︎(怒

知床観光で命を落とされた方々には、只々ご冥福をお祈るするしかないです

 

遭難船社長の土下座は「ポーズ」

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。