中国渡航する際に査証(ビザ)の事前取得なしに渡航出来る国の国民

1)シンガポール

2)ブルネイ

3)フランス

4)ドイツ

5)イタリア

6)スペイン

7)オランダ

8)マレーシア

9)タイ

10)アイルランド

11)スイス

 

中国さんは別に日本人に対して、渡航禁止を申し渡しているわけじゃなく、しっかりと基準に応じた形でビザ申請をすれば、ビザの発給をして貰えて、そのビザの種類での目的を持ってして渡航を付与しています、このままで特段に悪いわけじゃないと考えます、だってもう40数年も前には、ビザ取得が義務付けられていて、そう簡単には中国へ旅行には出掛けられなかったので、日中間の交流はそれにより一定の箍が掛けられていたのですから

 

 

中国がビザ免除進める、過去1年間で11カ国ー関係強化図る

需要や物価の低迷に見舞われる中国は、観光とビジネスの両面で外国との関係強化を図るため、この1年で11カ国に対してビザ(査証)の免除を進めてきた。

中国は2023年7月にシンガポールとブルネイのパスポート(旅券)保有者にビザなしでの入国を再び認め、その後は欧州諸国にも対象を拡大。昨年11月にはフランスとドイツ、イタリア、スペイン、オランダに加え、マレーシアの国民に対し、ビザなしでの入国を認めると発表した。

今月初めには、タイのセター首相が中国と観光客のビザ免除措置を巡る二国間合意を公表。次の免除措置の対象国としてスイスが挙げられている。

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。