旅行産業界特に、旅館や小規模零細旅行代理店では70歳代でバリバリ現役で働いている方を多く知っていますが、残念なのがコロナ禍で、多くのそのベテランさんが、出来る仕事がなくなり、去って行かれた、直近では旧知のベテランさんが先月で現役を引退されました、運送事業者傘下の旅行代理店で、自身の顧客を持ち、何かと話題になった宝塚歌劇団員と同じ『業務委託契約員』としての働き方でした

 

 

 

経済協力開発機構(OECD)は2024年1月11日、2年に1度の対日経済審査の報告書を公表した。人口が減る日本で働き手を確保するための改革案を提言した。定年の廃止や就労控えを招く税制の見直しで、高齢者や女性の雇用を促すよう訴えた。成長維持に向け、現実を直視した対応が求められる。

日本の就業者数は今後、急速に細る。OECDは23年に外国人も含めて6600万人程度と推計した。出生率が足元の水準に近い1.3が続けば

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。