遠い記憶なのですが、JAL社、ANA社が7年前の2015年4月からだったと思うんですが(日付が間違いだったらご指摘ください)、基本となる適応条件を米ドル建から円建に変更した

原油から精製される旅客航空燃料のケロシ、その価格が1バレル

それまでは60米ドルが追加徴収するかの適応基準、60米ドル未満なら燃油サーチャージはゼロでした

その基本であるゴールポストをずらしたんですよ!

2015年4月から6000円の円建てに

航空燃料が1バレル6000円を下回ったら、燃油サーチャージは聴取しません

うわまわったら、徴収します

 

子供騙し、いやある意味詐欺です

60ドルと6000円

1ドル〓100円以下には、なかなかなりませんね

2015年当時は更に今より円高のざっくり120円

解りますよね!騙しですね

それを上げるか?下げるか?を見直す期間は?

料金を決定する原油から精製されるジェット燃料(ケロシン)の4ヶ月前からの平均価格をモニターしてですので

2022年4月・5月のジェット燃料(ケロシン)価格です

 

決まった追加運賃はいつまで適応されるのん?

2ヶ月間のそのまんまで固定

 

2022年8月・9月からざっくりどれ位?

日系航空会社燃油サーチャージー(日本発着・往復)

ヨーロッパやアメリカ行き:➕10万円

ハワイ行き:6万円

シンガポールやタイ行き:5万円

 

シンガポールケロシン価格

 

ドル建てと円建て、現在の円安状況下での日系航空会社が、ゴールポストを動かした、1バレル6000円未満になる為には1バレル44,4ドル以下に航空燃料が下がらなければなりませんから

当初の1バレル60ドルからすると16ドルも下駄をはかしたことになりますね

落語のネタになりそうな,話です

 

 

JAL社の国際線「燃油特別付加運賃」

いわゆる燃油サーチャージーの案内から

 

 

航空燃油(シンガポールケロシン)の各日*1のスポット価格の2カ月平均に、同じ2カ月の為替レート平均で円換算した価格によって適用額を確定し、2カ月間固定いたします*2

額改定を行う場合には、関係国政府に認可申請いたします。なお、2カ月間の平均燃油価格が1バレル当たり6,000円を下回った場合は、「燃油特別付加運賃」を適用いたしません。

  1. 市場においてシンガポールケロシンの売買があった日
  2. 関係国政府認可状況により、適用額・改定時期・適用期間が異なる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。