世界のLCC航空会社が手本としているのが、熾烈な競争が日々繰り広げられている実験国家アメリカのLCC航空会社、

実験国家の競争社会アメリカでは、現れては消え、消えてはまたぞろ現れるLCC航空会社、メジャー航空会社も結局3社に統合されました、特定の地域に運航している航空会社やLCC航空会社も、統合されましたが、その中でもLCC航空のサウスウエスト航空はキラリと輝いています、何しろその経営方針が『社員第一・顧客第二主義』だから

現在のアメリカのLCC航空で実際上に健全な経営をしているのは、サウスウエスト航空、ジェットブルー航空の2社

フロンティア航空(数年前に以下の既にジェットブルー社に買収されてました)、アレジアント航空、サンカントリー航空は既に無くなりました、そして今、ジェットブルー航空が同じLCCのスピリット航空を買収する

 

 

米格安航空2社が連邦高裁に上訴-買収計画認めぬ地裁判決に不服

2024年1月20日 11:10

米格安航空会社ジェットブルー・エアウェイズによる38億ドル(現行レートで約5600億円)規模の同業スピリット航空買収計画を巡り、これを認めないとしたマサチューセッツ州ボストンの連邦地裁判決を不服とし、両社は19日にボストンの連邦高裁に上訴した。

連邦地裁は、両社が合併すれば航空運賃引き上げや、利用客にとっての選択肢の減少につながるとの判断を下したのに対し、両社は先にこうした判断は誤りだと異議を唱えていた。

米航空業界では航空機やパイロットが不足し、ジェットブルーはスピリットが保有する機材200機、パイロット約3000人を必要としている。

 

上記報道一部抜粋と減筆

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。