相当危機感を持ってられるんでしょうかねぇ?!バック(親会社)が在りそれが運送事業者がなのに!

阪急とエアトリインターナショナル業務提携、双方の強み生かし、アフターコロナ需要に応える

 

 

今の成功が在る阪急交通社の『新聞広告販売旅行商品』の礎が、ディナーショーに自身の映画がスクリーンに映し出されて、アランドロン本人が出てくるとディナー会場に悲鳴が・・そのツアー『魅惑のヨーロッパ』

 

このツアーの大成功により、今までのパンフレット販売でなく、新聞広告での旅行販売はいいね!と

まぁ、先行する新聞掲載での旅行商品販売方法で人気を博していた『新日本トラベル社』や『国際ロータリー社』の成功も観ている同社にとれば、更に確信を持ったと思います新聞広告での販売に、

更にJTB社や近畿日本ツーリス社も新聞での旅行販売営業を追随することに

 

かつての阪急交通社には海外旅行ブランドに『グリーニングツアー』が在りましたが、ハワイ行のそのツアーは他社と同じ内容で代理販売手数料を盛ってくましたので、嬉しく販売させて頂きました、営業マンもやる気満々の九州男児で、今では素敵な思い出です、

そのツアーブランドも後年、東急電鉄傘下旅行社と共催で『ヴィータ』と云うブランドでの展開となりましたが、今はどうなったか?

今では人気の新聞広告での販売のお値打ちの国内外ツアーブランド『トラピック』とそのブランドのアップスケールした『クリスタルハート』、芦屋のお金持ち向けなのでしょうか^ ^お客様のご要望をお伺いした手作りの旅『ロイヤルコレクション』、

そして親会社の電鉄合併での阪神電車との合併前の阪神電鉄の自社ブランド『フレンドツアー』このツアーは、そのツアー内容の品質の高さで皆さんお喜びになりました、最低催行人員も阪神電鉄時代に販売時には8名と少人数で、とてもコンパクトな団体旅行で参加者にはアットホームな雰囲気でヨーロッパを旅できたのも魅力でしたが、今ではトラピックスに押された感でその存在価値があるのかどうか???

 

フランスの映画俳優『アラン・ドロン」が彼の映画俳優人生を不動の物とした大ヒット映画が『太陽がいっぱい』このシーンが前日の阪急交通社の新聞広告での販売ツアー『魅惑のヨーロッパ』のディナーショーでスクリーンに映し出されて本人が登場する、ドロンファンのベテランマダムには垂涎のツアー『魅惑のヨーロッパ』ツアー

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。