【LCC本家のアメリカでは】

もはやLCCのビジネスモデルは、出ては消え、消えては出てでもう一定の評価がなされて、実質3社(JET BLUE、SOUTHWEST、SPIRIT)の独立系LCCが残るに過ぎない認識、こうしてこのマガジンを書いている間にも、更なる再編の動きが出ています

アメリカの大手航空会社は自社傘下としてLCCは保有しない方針、大手は大手でLCCはLCCの経営方針です、1月にドアが吹っ飛ぶ事故に見舞われたアラスカ航空はよく書き込みではLCCと表現していますが、地域運航でのメジャー航空会社の小生は認識です、ハワイアン航空と同じ様に地域運航を担う準メジャー航空会社

【欧州でのLCCのビジネスモデル】

は主にリゾート地への限定運航が主ですが、近年のメジャー航空会社の行き詰まる経営からメジャー航空会社自身が傘下にLCCを内在する様な経営をし出しいる認識で、その最たるメジャー航空会社がフランスの国営航空会社のエールフランス航空、ここのLCCへの意気込みはすざましく、既に名前が出ているLCCはトランザビア航空、HOP(オップ)航空からエールフランスオップ航空、JOON(ジューン)航空、BOOST(ブースト)航空、フランス国内や欧州域内やフランス人が旅行したがるアジア域内を運航する、長距離路線はあくまで、本家のエールフランスが運航を担う、役割分担での運営です、同社はもう半世紀前はエアーインターなるフランス国内を網羅する国内航空会社を保有していて、搭乗券はまさにスーパーのレシート形状で、座る席は自由席で乗る順番でどこに座っても良かった、欧州メジャー航空会社の運航する地域別の役割分担の先駆けでしたが・・

もう一つの欧州の雄のドイツルフトハンザ航空は、欧州域内だけの担当するのがLCCのユーロウング航空

そしてもう一翼の英国航空はユーロフライヤー航空なるLCCを立ち上げるとか立ち上げないとか、なんだか雲行きが怪しい

【中間を行くのがカナダ】

メージャー航空会社(一旦は倒産の憂き目となり、経営のリセットとでもと言うチャプター11での運営で再登場)のエアーカナダ航空、 その傘下のLCC航空はルージュ航空、こちらは一時日本路線にも就航させていましたが今は撤退の認識ですが、再度親会社のエアーカナダ航空での日本路線は運航かと思いますが

【日本のLCC】

となりますと全日空が積極的です、ピーチ航空は一定の成功をおさめた様には見えますが、さらにエアージャパン航空なるLCCを運営する

ANAホールディングス(HD)傘下のエアージャパンは、成田―シンガポール線を4月26日に就航する。2月に始動する新ブランドの下では、タイのバンコクと韓国のソウルに続く3番目の路線となる。

シンガポール行きは火曜日と水曜日を除く週5便を運航する。成田を午後5時35分に出発し、シンガポールに同11時55分に到着する。成田行きは水曜日と木曜日を除く週5便。シンガポールを午前0時55分に出発し、成田に同9時10分に到着する。

使用機材は4月に納入予定の米ボーイング社の「B787―8」。全324席がエコノミークラスとなっている。

運賃プランは、オプショナルサービスのない「シンプル」、座席指定や預け入れ手荷物などのサービスを含む「スタンダード」、座席指定や預け入れ手荷物に加えて機内食が提供される「セレクテッド」の3種類。大人の片道運賃はシンプルが1万7,500円から、スタンダードが2万1,200円から、セレクテッドが2万5,800円からだ。

エアージャパンは1990年設立。アジア方面を中心に国際旅客便や貨物便を運航している。今年2月から新たなブランドとして中距離国際線を運航する。まず同月にバンコク線、ソウル線を就航する予定だ。

ANAHDは、新ブランドのエアージャパンをフルサービスキャリアと格安航空会社(LCC)の利点を融合した「ハイブリッドエアライン」と位置付けている。フルサービスキャリアの全日本空輸(ANA)、LCCのピーチ・アビエーション、エアージャパンそれぞれの特徴を生かして事業展開していく方針だ。

 

 

JALのLCCはジェットスター航空ですが、労働争議真っ只中です(能登半島地震で一旦休止)、ジップエアー東京航空

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。