欧州の夏季旅行シーズンで急速に戻って来ている航空利用旅客の影響で、人手不足による大混乱な欧州の巨大空港、アムステルダム、ロンドン、フランクフルトなど、が迷走しています、閑散期の冬季は冬季で減便で、これまた混乱が???

 

ブリティッシュ・エアウェイズ、冬期フライト1万便削減へ

 

 

同社によると、来年3月末までの冬期スケジュールの提供座席数を8%削減し、およそ1万便(約5000往復便)に影響が及ぶという。

今回の発表は、現在ロンドンのヒースロー空港で実施されている1日の乗客数を10万人とする制限の延長に続くものだ。

 

同空港は今夏のピーク時のスタッフ不足、長蛇の列、フライトの遅延、荷物の紛失などの対応に苦慮し、7月に乗客数制限を導入せざるを得なくなった。

英国最大の空港であるヒースロー空港での乗客数制限の延長は、10月下旬までのBAの数百便にも影響する。

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。