2022年5月5日に岸田総理がロンドンの金融街【シティー】で講演した際に『他のG7諸国並みに』『6月にも水際対策大幅緩和』へと云った(〓約束した)

 

 

 

官邸リリースより

ギルドホールにおける岸田総理基調講演

 

『本日、世界随一の金融街であるロンドン・シティで講演の機会を持てたことを感謝しています。この講演の実現に御尽力いただいた、ロード・メイヤー・チャールズ・ボウマン卿を始めとするシティ・オブ・ロンドン・コーポレーションの皆様に、心より御礼申し上げます。・・・』

 

2022年5月5日付・首相官邸プレス発表より

 

 

高度な自治を有している『シティ』の独特な立ち位置とは?

シティには様々な法律や不文律の慣習がある。慣習の中で一番分かりやすいものには、在位の国王はシティ市長の許可がないと、シティに入れないというものがある。

つまり、エリザベス女王ですら、シティには勝手には入れないのです、事前にその地の統治者から許可を得らなければなりません

 

 

 

 

シティの存在がいかに、独立性を持った場所なのか、ご興味の方は、英報道機関・ロイター報道より

ロンドンの中のロンドン:シティ・オブ・ロンドンの生存戦略【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。