インドネシア政府は、新型コロナウイルス対策の活動制限(PPKM)を撤廃するとジョコ・ウィドド大統領は2022年12月30日、国民を前にして演説した

PPKM Dicabut, Masker Tetap Dipakai di Kerumunan dan Dalam Ruangan

30/12/2022, 15:06 WIB

JAKARTA, KOMPAS.com – Presiden Joko Widodo mengimbau masyarakat untuk tetap berhati-hati dan waspada dalam menghadapi risiko Covid-19, meski pemerintah telah mencabut Pemberlakuan Pembatasan Kegiatan Masyarakat (PPKM). Oleh karena itu, Jokowi menegaskan bahwa aturan penggunaan masker di tengah keramaian dan ruang tertutup tetap berlaku. “Masyarakat harus meningkatkan kesadaran dan kewaspadaan dalam menghadapi dari risiko Covid-19. Pemakaian masker (saat di tempat) keramaian dan ruang tertutup harus tetap dilanjutkan,” kata Jokowi di Istana Negara, Jakarta, Jumat (30/12/2022).

 

インドネシアの国民新聞と言える新聞がそう伝えた

 

 

インドネシアのジョコ大統領は2022年12月30日の演説で、新型コロナウイルスの対策の行動制限を同日、全土で撤廃すると表明した。集会や人の移動に制約はなくなる。国民には今後も感染対策を怠らず、屋内や閉鎖空間でのマスクの着用や、ワクチンの追加接種を続けるよう促した。

同国政府は2020年3月に新型コロナの感染が広がって以降、在宅勤務や商業施設に入場する際のワクチンの接種証明などの行動制限を断続的に打ち出してきた。ジョコ氏は27日時点の1日の感染者が100万人あたり1.7人まで減り、陽性率も3%強に抑えられていると説明して「感染拡大の制御と経済の安定に成功した」と主張した。

ジョコ氏は感染が急拡大している中国からの入国者への対策に関して記者団に聞かれ、現時点で講じる必要はないとの考えを示した。「私はすでに7月の血清調査でインドネシアの人口の98.5%が免疫を獲得していると発表した。ほかの国のように空港で改めてPCR検査を受けるなどの必要はない」と強調した。

 

現在インドネシア旅行には、ワクチン接種者(3発)特段の検疫上の制限はありません

・ワクチン接種者(3発); 隔離不要

・PCR検査:日本出発前・到着後なし

・旅行保険の加入義務:なし(但し、強く加入をお薦めします)

・査証(ビザ)取得義務:有り

 *観光目的なら、到着空港で到着ビザ(VOA)(VISA  ON arrival)が有料で発給

 *50万インドネシア・ルピア(事前に日本で両替して置く事、強く薦めます)

 *尚、2022年9月15日よりVOAには目的に商談が付与されました(但し、あくまで商談、工場内での作業を伴っての商談は、ビザの取得が必要)

・健康申告アプリのダウンロード

 *「pedulilindungi」のダウンロード 要

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。