なにが起こるか本当の判りません、旅行はそれでなくても非日常を体験する為の余暇

 

 

米アラスカ航空のボーイング機、緊急着陸-離陸直後に窓吹き飛ぶ

2024年1月6日 16:30 JST

アラスカ航空が運航していたボーイング737MAXは、離陸直後に窓や機体の一部が吹き飛び、オレゴン州のポートランド国際空港に緊急着陸した。

アラスカ航空の発表によると、1282便はポートランド発カリフォルニア州オンタリオ行きで、乗客171人と乗員6人を乗せていた。乗員は「加圧の問題」を報告したと、米連邦航空局(FAA)が明らかにした。

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。