ヒンズー教徒の祭事『デーパーバリ』2022年は10月24日(月)|インド歴の新年でも在ります、ヒンズー教の神(女神)ラクシュミを家にお招きして、家族の繁栄、無病息災をお祈りする祭事です、女神を招き入れる為に家々や街には明かりを灯しますので別名『光の祭事』とも呼ばれています、お金を遣うと縁起が良いとの迷信も在るので、この時期には散財します

ラクシュミ信仰は、仏教にも取り入れられて『吉祥天』としての化身に成っています、吉祥天なら解りやすです、美と富と幸運を象徴の神様

世界中のヒンドゥー教徒がこの祭事を盛大にお祝いするのが『デーパーバリ』

東南アジアの国で特にインド(インド人)へ敬意を払っている国に『マレーシア』と『シンガポール』が在ります、国に中にインド人の割合が一定程度存在していますので、インドの大切な祭事を祝日としています

マレーシア2022年祝日カレンダーから

 

デイパーバリとは?

シンガポール政府観光局から

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや45年。シンガポール航空様の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2024年2月起業28年目に入りました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。