2022年2月7日に関空から始まっています『日本の入国検疫手続き短縮施策』紙媒体の書類を日本帰国前にアプリに登録して置くと検疫手続きが事前に済ませる事が出来ると日本政府が謳っていますが、どうやら、そうでもなさそうです???

*ファストトラックは、現在、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港でも可能になっています

成田は、ようやく先月2022年3月9日にようやく運営されだしました

 

厚労省発出プレスリリースより

空港での検疫手続きの事前登録ができます、ファストトラックについて

日本に入国する前に、アプリ上で検疫手続きの一部を事前に済ませることができます。

*搭乗便到着予定日時の16時間前までにアプリ上での事前申請を完了してください。

 

上記リンクが外れている場合は下記URLから

https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/

 

しかしながら、小社では紙媒体の準備を強くお薦めしています

①「質問票」

②「誓約書」

③「日本で接種したワクチン接種証明書」

④「渡航地で接種したワクチン接種検査証明書」

アナログとの併用が良さそうです

 

厚労省のHPにもエクスキューズが書かれていますね^_^

『ファストトラックをご利用いただいた場合でも、到着空港の混雑状況などにより、検疫手続に時間を要することがございます。あらかじめご了承ください。』

なんじゃこれです

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。