Prime Minister Lee Hsien Loong’s 2022 national day message to Singaporeans

 

 

The Singapore Government is “doing everything necessary to help Singaporeans cope with rising prices” and stands ready to do more to help if inflation worsens, but international economic conditions have shifted, said Prime Minister Lee Hsien Loong in his national day message.

In a video message broadcast on Monday (Aug 8), Mr Lee said: “The world is not likely to return anytime soon to the low inflation levels and interest rates that we have enjoyed in recent decades. Singapore’s deeper response to this shift must be to transform our industry, upgrade our skills and raise our productivity. Then our wages can go up higher than inflation, and
Singaporeans can earn more in real terms year by year.”

He added: “COVID-19 will not be Singapore’s last crisis. More storms and turbulence lie ahead. But do not fear. As long as we stay united and resolute, we can keep our nation peaceful and secure, build a more prosperous economy, and forge an inclusive society that all of us can belong to and can be proud of, for many years to come.

 

 

シンガポール政府は「シンガポール国民が物価上昇に対処できるよう必要なことはすべて行っている」し、インフレが悪化した場合にはさらに支援を行う用意があるが、国際経済の状況は変化していると、リー・シェンロン首相は建国記念日のメッセージの中で述べた。

8月8日に放送されたビデオメッセージの中で、リー首相は次のように述べた。「世界は、ここ数十年享受してきた低インフレ水準と低金利にすぐに戻ることはないだろう。この変化に対するシンガポールの深い対応は、産業を変革し、技術を向上させ、生産性を高めることです。そうすれば、賃金はインフレ率よりも高くなり、シンガポール人の実質所得は増加します。
シンガポールの人々は年々実質的な収入を増やすことができるのです。

また、「COVID-19はシンガポールの最後の危機にはならないだろう。この先には、さらなる嵐と激動が待ち受けている。しかし、恐れてはいけない。私たちが団結し、毅然としている限り、この国の平和と安全を守り、より豊かな経済を築き、私たち全員が所属し、誇りに思えるような包括的な社会を、これから何年にもわたって築くことができます。”と述べています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。