コロナ禍の前2019年には関西からの海外出張先一番は中国と言っても間違いが無いくらい、多くのビジネスマンが出張った中国、その江蘇省・上海が当局による強烈な締め付けで苦しんでいます、この出来事は今なのですねびっくりです、コロナ禍が3年目に突入した2022年の4月なんです、2020年4月なら解りますが!

 

 

中国が検閲強化、都市封鎖でゼロコロナへの不満強まる-抗議活動も

2022年4月1日付/米経済紙・ブルームバーグより

 

中国で新型コロナウイルス感染を一切容認しない「ゼロコロナ」政策に対する国民の不満が広がっており、当局は対応に苦慮している。ロックダウン(都市封鎖)に入っている上海では一部の市民が封鎖命令に反対の声を上げた。

中国では珍しい住民の抗議活動が上海の集合住宅であったが、これを撮影した動画2本がテンセント・ホールディングス(騰訊)のソーシャルメディア微信(ウィーチャット)でトレンド入りし始めると、同社はこれらの動画を今週に入り削除した。事情に詳しい関係者が明らかにした。動画は微信ユーザーが「タイムライン」に投稿したものだという。

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。