海外のニュース番組を観ておりますと、不謹慎の誹りを受けても、女王の棺がイギリスの地方を行く光景は、観光した気分になります、その地方の風景はとても綺麗です

 

既に何十年も前からコードネーム『ロンドン橋落ちた作戦』とか『ユニコーン作戦』とか名付けられた、2022年9月8日崩御されたエリザベス女王の万一の場合の段取りが周到に準備されていたと報道は報じていますが

隠語で伝えられたエリザベス女王の死「ロンドン橋落ちた」、60年代から準備された“作戦” 2022年9月19日国葬

とてもご高齢でいらっしゃたのですから、どちらで、どうなられるか、分かりませんから、事前に準備出来なかったもんでしょうかね、英国製の霊柩車を

 

エリザベス女王の棺は、その棺が見える様に工夫された霊柩車に乗せられて、

 

亡くなられたバルモラル城からのエジンバラに向かわれたのですが、気のせいかその霊柩車がドイツのベンツ社製に観えたんですが、英国製のは無かったんですかねぇ

『ロールスロイス社製』とか、そうだわロールスロイスは今はBMWの傘下に

そしたら『ベントレー社製』とか、そうだわベントレーも今はワーゲン傘下になっていた

『アストンマーチン社』社製は?まさかアストンマーチンも、英国製じゃないのか?!

 

 

 

 

 

 


The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。