日本の航空会社、但し運営コストを切り詰めて切り詰めて運賃を廉価にして営業しているLCC航空会社が、日本近接の外国で機体整備を委託した報道を観て

日本で機体整備をするとコスト高になるという事ですね‼️

 

韓国航空宇宙産業の航空整備子会社の韓国航空サービスは2024年1月15日、ピーチの航空機の整備を終えた

 

 

韓国航空宇宙産業(KAI)の航空整備(以下、MRO)子会社である韓国航空サービス(以下、KAEMS)は15日、日本のピーチアビエーション、エアバスA320系列航空機の整備を完了したと明らかにした。今回の実績はKAEMSにとって初の海外航空会社が保有する航空機整備となった。

同日、キョンサンナムド(慶尚南道)サチョン市にあるKAEMSで、ピーチアビエーションの重整備1号機出庫記念式が開かれた。

 

韓国のエンタメ系ネット情報誌『ワオコオリア』から

 

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。