『うちは此です』何故?自社主張しないのだろうか?!とても良い企画で多くのファンが毎年楽しみ待っていてくれるカレンダーの事

素敵なJAL社が運航している世界各所観光地を借景に、民族衣装に身を包んだ世界の美女がひと月ひと月を楽しませてくれるカレンダー、女性にも人気でした日本航空の通称『美女カレンダー』、正式名称『A WORLD OF BEAUTY CALENDAR』

世界素敵な風景と民族衣装を纏った女性『とても毎年楽しみだったんですが、がっかり』と多くのベテラン男性だけじゃなくてベテラン女性からも、多くのお声を伺います

 

 

 

 

カレンダーでも「ジェンダー」意識浸透 日航、職業性差払拭へ 女性モデル縮小には「残念」の声も

企業が販売促進などにつなげる広報ツールとして活用しているカレンダーに、「ジェンダー(社会的性差)」に関する社会的な問題意識が変化をもたらしている。
日本航空は今年のカレンダーで初めて、女性パイロットや男性客室乗務員(CA)の写真を採用。
これとは別の、これまで世界の女性モデルが登場してきたカレンダーでは男性モデルも起用し、モデルは表情が分からないほど小さく写して風景の美しさに焦点があてられた
来年のカレンダーでも同様の方針がとられるもようだ。
ただ、モデルを小さく扱う方針変更には女性の間からも「少し残念」との声がある。

 

The following two tabs change content below.

村松社長

旅行産業界に身を置いてはや42年。シンガポール航空の日本でのB2Bリーディングカンパニーから京都の制御機器メーカー傘下旅行社を経て起業し2021年2月に25年を迎ました。このコロナ禍で本当の旅行情報を発信するために旅行WEBマガジンを令和3年に立ち上げる。専門は海外の出張など。趣味:散歩ついでのお地蔵様・神社お詣り、銭湯巡り、映画鑑賞。